恵比寿のリコスキッチンで秋の食材を使用したおいしいコースを堪能。

Pocket

こんにちは、フィレンツェ生まれのパンツェッタ・カネーラモです。

松茸よりもポルチーニ茸。
豚玉よりもマルゲリータ。
メルセデスよりマセラティ。

でも残念なことに、情熱的に口説けません。(T-T)

さて、そんな痛リアンなカネーラモ、
恵比寿の「リコスキッチン」に行ってきました。
こちらはイタリアンとフレンチの融合系な料理が食べられるお店。
食べログの評価が高かったので一度訪問したいと思っていたお店です。

2015-10-07-19.00.37

2015-10-07-19.11.46

アミューズはカニ。
こちらのレストラン、しっかりとしたコース料理を提供しておりますが、ナイフやフォークのほかに箸もおいてあって、
マナーとか細かいことを気にせず堅苦しくない感じで食事を楽しめるような配慮がなされております。
店内の雰囲気もカジュアルで、壁におしゃれな落書き(笑)がされてました。

2015-10-07-19.26.01

野菜が盛り沢山のサラダはサンマ入り。
秋刀魚でカルパッチゃうのは初めて。
かぼちゃやれんこんもおいしいです。

2015-10-07-19.47.59

貝の白ワイン蒸し。
シンプルな料理だからこそ素材にしっかりこだわらないと、カネーラモはちゃぶ台をひっくり返すことになります。
あさりも大きくてうまいし、ムール貝もうまい。
そして、貝のエキスを含んだプースー。
口にした瞬間、ニースにいるような気分になりました。
パンにディップしても当然うまし。

2015-10-07-19.46.16

2015-10-07-20.08.20

鮎のコンフィ。鮎をコンフィっちゃうセンス。
鮎の風味を生かしつつ身の食感がよく食べやすくなっており、
旨味が凝縮されており、さらに子持ちでめちゃくちゃうまいです。
器も「和」な要素があり、センスのよさを感じさせる一皿。
ドリンクメニューに日本酒を取り揃えているのもうなずけます。

2015-10-07-20.35.33

一皿一皿の盛り付けも大変美しい。

2015-10-07-20.19.59

キノコのリゾット。
見た目が完全に女子ウケしそうな感じですね。
口にした瞬間、「カネーラモ、アマルフィにいる。」ってなりました。

2015-10-07-20.53.46

メインディッシュ。
カネーラモ、不覚にも何牛か忘れてしまいましたが、めちゃくちゃおいしかったのは
覚えてます。笑
マスタードがまたいいアクセントになってうまし。
食べているとフィレンツェで過ごしたあの日々を思い出しました。

2015-10-07-21.19.55

デザートの盛りつけもかわいいです。
Dolce & Kane-ramoのコレクションよりアーティスティック。

全体的に

「んー、女子好きなやつ〜。でもイタリアン気取りなカネーラモも好きなやつ〜。」

っていうお店でした。

本場を追求しがちだったり、定番のメニューで勝負するレストランが多い中、
こちらの「リコスキッチン」は日本の旬の食材を上手に使ったメニューが多く、とても楽しめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です