三茶の居酒屋、赤鬼で十四代本丸秘伝玉返し。

こんにちは、唎酒師を目指しているカネダです。

三軒茶屋の名店、赤鬼に行ってきました。
こちらのお店、日本酒の品揃えが豊富なことで有名なお店でございまして、以前から気になっておりました。
人気店ということで前日に予約して入店。

店内はカウンターと座敷、テーブル席が少し。
雰囲気は昔ながらの居酒屋といった感じで落ち着きます。

周りを見渡すと多くのお客さんが2リットルの水を脇に置きながら日本酒を飲んでいます。
ガチで酒好きな人たちが集まっている感じがしました。

飲み物は基本的にビールと日本酒のみ。
全国各地の銘柄が多数揃っており、見渡す限りそれほど広くない店内の
どこにこれほどの一升瓶が隠されているのかが気になりました。

今日は十四代づくしにしようと心に決めておりました。
1杯めは十四代の本丸 秘伝玉返し。
2杯めは十四代、播州山田錦。
3杯めは十四代、備前雄町。

juyondai_bizenomachi

十四代は山形の日本酒なのですが、かなり人気の銘柄です。
私の周りでもこの酒で日本酒を飲むようになった、という人がけっこうおりまして
飲みやすくてとてもおいしいお酒です。
また十四代の本丸はなかなか飲めない代物であり、こちらでは普通に飲めちゃいます。
とにかく生酒のうまさはハンパじゃない。
4合、5合平気で飲んでしまいますね。

料理は日本酒に合うつまみばかり。
お造りはまぐろ、かんぱち、鯛、ほうぼう、ほたて、ぶり、みずだこなど。
かなりうまし。

01

02

山菜の天ぷら。日本酒に合います。

こちらの赤鬼、日本酒ラバーを完全に虜にする最高の居酒屋でした。

ここで一句。

GW
やることないから
酒を飲む

人生が酩酊状態のカネダですが5月病にかからないよう気合いを入れて頑張っていきたいと思います。

北千住の大衆酒場、大はしで肉とうふと煮込みを食す。

こんにちは。
7年後の東京オリンピックに出場するために、
ウォーキング(散歩)で足腰を鍛えているカネダです。

出張で群馬の太田へ行った帰り、北千住で飲むことにしました。

01

下町情緒あふれる安い酒場がたくさんあるイメージの北千住。
私の住んでいるエリアからかなり遠いのでほとんど来ることはなく
こんな機会じゃない限り訪れることはないので、この日は朝から仕事のことより
そのことで頭がいっぱいになっておりました。笑

ネットで調べて気になったお店が大衆酒場の大はし。
19時すぎに行くとほぼ満席状態でしたが、テーブルの相席が
残っていたのでラッキーでした。
店内はリニューアルしたらしく、イメージしていた”大衆酒場”の雰囲気と違って
きれいな感じになっていました。

壁に、お札のようにメニューが貼られております。
まずは名物っぽい肉とうふと煮込みの2大メニューを注文。
安くてうまし。味はオーソドックスでありながらどこか懐かしさを感じさせる味です。
瓶ビールから冷酒への流れたいパターン。
これは冬のあつかんもたまらないことでしょう。

あとはお造りも頼みました。こちらも低価格。
十分においしい。

02

こちらのお店、何がすごいかって、料理が出てくるのが尋常じゃなく早い。吉野家やマクドナルドより早い。
また大将は笑顔で瓶ビールを運んでくる。
なるほど長く愛されるお店というのはこういうお店なんだなと実感しました。
また出張の際には訪れたいと思います。

大はし居酒屋 / 北千住駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

東京1周年。

皆さん、3連休はいかがお過ごしでしたか?
私はゴルフ三昧ですっかり身体が焼けてしまいました。

と、

言いたいところですが公園のベンチでボーっと座っていたら焼けました。(恥)

さて、東京に来てちょうど1年が経ちました。

振り返れば地元で過ごした1年と比較すると、かなり濃い1年だったと思います。
30歳という一つの人生の節目を迎え、なんとなく自分のやれる限界を感じながらも
東京に来て、まだまだ成長できる余地はあるなという手応えを得ることができていると思います。

ということで近所の日本酒がおいしいお店でお祝いしてきました。(一人で笑)

こちら学芸大学の件(くだん)というけっこう有名なお店。
過去にもおじゃましてます。
01
お通しに生しらす登場。少し味付けがしょっぱかったけどツルリと食べられました。

02
お造り。トロ、マアジ、キンメ、ホタテ、カツオ。カツオとアジ、うましです。夏の魚もおいしいんだな。

04
雁木。山口県、八百新酒造のお酒。無濾過生原酒らしい飲みくち。

05
日高見。今頃気づきましたが私、辛口純米が一番好きかもしれないです。

うまい肴と酒があれば東京生活2年めも乗り切れそうです。

死に際に、「俺の人生ダブルボギー!」と叫ぶことがないようにこれからも頑張りたいと思います。笑

舞姫酒造・翠露 美山錦 純米吟醸中汲み生酒

01
和食を作ったので久しぶりに自宅で日本酒タイム。
今回は長野県諏訪の日本酒蔵、舞姫酒造の翠露を飲みました。
諏訪にはいくつか日本酒蔵があって真澄で有名な「宮坂醸造」や「本金酒造」、「麗人酒造」、「伊東酒造」などがあり霧ヶ峰高原からの伏流水を仕込水に使用しているのが特徴。

翠露は舞姫酒造の限定ブランドになります。
この純米吟醸中汲み生酒は、純米吟醸の生酒で飲み口は米推しというよりは、みずみずしくすっきりとしています。辛口でもなければ甘口でもないですね。原料米は長野県産の美山錦を使用、精米歩合55%。少し物足りなさを感じる口当たりだと感じる人もいるかもしれませんが、品のよい香りがしておいしいと思います。少し濃いめの食事に合いそうです。

酒蔵に販売店も隣接しているので
諏訪に旅行へ行かれる際は立ち寄ってみてください。
おみやげにも喜ばれると思います。

・舞姫酒造の地図

大きな地図で見る

高岡のおいしいお店「かえで」で阿櫻ひやおろしを飲みまくるの巻。

こんばんは。
台風が来ているので(いつものように)ひっそりと自宅待機しているカネダです。
日本列島を直撃する勢いの台風なので、とにかく人的被害が出ないことを祈りたいと思います。

週末は法事のため実家に帰っておりました。
そして夜は地元のお気に入りのお店、かえでで友人と食事。

秋の限定酒、阿櫻のひやおろしを飲みつつ白子の天ぷらをつまみながら、日本経済の未来や、近隣諸国との関係改善に向けての打開策、今後のグローバル化における日本のプレゼンスについて熱く語りあいました。笑

ほかに松茸の土瓶蒸しや、ぎんなんの揚げたものなど「旬」をいただきました。どれも阿櫻にぴったり合う肴ばかり。
かえででは日本酒のほかにも焼酎の銘柄も多数揃えているので、焼酎好きの人でも楽しめると思います。

今回は法事に来たというより、かえでに来たという感じで楽しい旅となりました。

ひやおろしで秋を味わう。

夏から秋に変わる季節の変わり目。

夕暮れ時の雲。

金木犀のにおい。

秋刀魚。

まつたけ。

栗。

月見バーガー。笑

人それぞれ秋の感じ方はあるかと思います。
私にとって秋が来たな−と感じるときはやっぱりひやおろしを飲んだときですね。

この時期限定の「阿櫻 ひやおろし」。

秋にしか味わえない食材と、最高に合う酒なんじゃないかと思います。

阿櫻 ひやおろし

秋田県横手市の日本酒「阿櫻 特別純米 無濾過原酒」を飲む。

秋田県横手市の日本酒「阿櫻 特別純米 無濾過原酒」

今日は牛すじ煮込みが食べたいなと思ったのでそれに合わせて日本酒を飲むことにしました。純米酒好きとしてアラウン・ザ・ワールドに知れ渡っているカネダ。笑

銘柄は、秋田県横手市の日本酒「阿櫻 特別純米 無濾過原酒」をチョイス。
この純米酒はさらりとしていて吟醸酒に近い飲み口となっています。

これは生酒で要冷蔵の酒であるためネット通販では購入できないのですが、別の純米酒もかなりおいしいのでいつもお世話になってます。

また、そろそろひやおろしの季節なのでまた注文しようと思ってます。

ひやおろしとは

阿櫻酒造のネット通販

夏の限定酒、高砂 吟醸五百万石を飲む。

上半期、しゅーりょー。

早くも1年の半分が過ぎてしまい、振り返ると4月、5月あたりいったい自分は何をしていたのか全く記憶になく、さては巣穴に潜ってちょっと遅めの冬眠でもしていたのかと思ってしまうくらいなんだかムダに過ごしていたような気がします。
おそらくは日々飲んだくれていたせいで記憶がないんでしょうね。笑
なんて思いながら、今も酒を飲んでいます。笑
人って『限定』っていう言葉に弱いですよね。ご他聞に漏れず、私も限定ものに弱く、「本日のみ限定価格!」とか書いてあったりすると、「明日から通常の値段になるのか、、今買っちゃおうかな。。」ってなります。
静岡県富士宮市にある酒蔵、富士高砂酒造が新しく発売した「吟醸五百万石」を飲みました。

さらっとして飲みやすくておいしかったです。やや辛口ですがぐびぐびいけます。暑いとやっぱりビールが進みますが、年をとってきたせいか、あまりビールの量も飲めなくなってきました。
夏は枝豆に冷酒だな。

ここから買えます。

ふなぐち菊水一番しぼり、新米新酒を飲みました。

ふなぐち菊水一番しぼり、新米新酒

ふなぐち菊水一番しぼり、新米新酒を飲みました。

アニメで例えると、ツンデレキャラのような日本酒です。笑
切れ味がありつつもやさしいまろみがあります。

なんかしょぼい缶に入ってますけど、この日本酒、精米歩合が70%あります。
いろんな新米新酒を味わいましたが、これはかなり上位にランクしますね。おすすめです。期間限定なのでもう時期的には終了。

飲みやすい上にこの缶のサイズだとガブガブいっちゃいそうです。
ただ、アルコール度数が高いので飲みすぎに注意しないといけませんね。