恵比寿の立ち飲み天ぷら「喜久や」

こんにちは、カネダです。
メルカリのCMが物議を醸しているそうです。

内容は、女子がお店で靴を試着して、ほしいなと

そしてこの行動が倫理的に問題だとの意見がネットで殺到。
まあ実際にはこういうことをやってる人なんて大勢いるだろうし、規制しようがないですけどね。

私の場合、ZOZOTOWNでアイテムを探して、気に入ったのをみつけてその服を販売しているショップに実際行って試着して買う、というパターンでやってます。

さて。

恵比寿の立ち飲み天ぷら屋さんに行ってきました。

01

駅から歩いてすぐ、auのお隣にある「喜久や」。
立ち飲みの天ぷらは珍しい気がしますが、恵比寿にもう1店舗あり、もしや流行の兆し?かもしれません。
店内はいかにも恵比寿らしいおしゃれな内装でありながら、ふらっと立ち寄れる雰囲気も持ち合わせており、感度高めな恵比寿男子や恵比寿女子のハートをがっちりワシヅカミできそう。

06

メニューがとにかく豊富で定番のエビや穴子から珍しい明石焼のてんぷらや辛子めんたいなどおいしそうなメニューがたくさんで迷います。
料金は200円〜300円ものが中心で、リーズナブル。中にはセレブ向けの「ズワイガニ500円」もあります。
まずは自家製のポテサラ。

03
大根と万願寺。
出汁で煮込んだ大根を天ぷらにした、珍しい一品。
かじると外カリ、中ジューシーな味わい。そしてとろろ昆布をのせたあたり、かなりのセンスを感じます。

02

パクチーの天ぷらはけっこうなボリュームで登場。
手許に届いた瞬間、油の香りとパクチーの香ばしさが鼻腔をくすぐります。
相当においしい。

04

鯛の百合根包み
鯛のほくほくとした身をまったりとした食感の百合根でバランス

05
ドリンクは日本酒の品揃えが豊富。
ワインはポルトガル産と日本産があります。
長野のミュゼ・アッサンブラージュ・ブランに合わせました。
シャルドネでさっぱりあっさりの味わい。

こちらのお店16時からやっているということもあり、
かなりお気に入りのお店となりそうです。

恵比寿の焼き鳥「観音坂 鳥幸」

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

誰とは言いませんが、社会的立場を忘れて不倫するようなゲスの極みな女は干されるべっきー!!

なんつって。

ロマンスもスキャンダルもありあまっている感じですね。

2016年もこんな感じで参りたいと思います。

2016年最初のグルメレポートは恵比寿の焼き鳥「観音坂 鳥幸」です。
こちらの焼き鳥やさんは外観、店内ともにちょっと高級なお店でおしゃれ。

2016-01-04-17.08.22




お通し。

2016-01-04-17.20.16

串は12本おまかせコースにしました。
ドリンクは日本酒もあるのですが、雰囲気的にワイン推しな感じ。
最初は燗を注文しましたがワインにも合いそうな気がしたのでチェンジしてみました。
グラスワインのクオリティが非常に高しで、ワイン好きに好まれそう。
ただこの日は名物のレバーがなくてちょっと涙目になりました。
写真は丸ハツ。

2016-01-04-18.25.54

〆の親子丼。
卵の色がきれいです。
スープもあっさりしておいしい。

赤ちょうちんの焼き鳥屋さんと比較するとだいぶ割高感はありますが
珍しい部位も楽しめるのでよいかと思います。




恵比寿のリコスキッチンで秋の食材を使用したおいしいコースを堪能。

こんにちは、フィレンツェ生まれのパンツェッタ・カネーラモです。

松茸よりもポルチーニ茸。
豚玉よりもマルゲリータ。
メルセデスよりマセラティ。

でも残念なことに、情熱的に口説けません。(T-T)

さて、そんな痛リアンなカネーラモ、
恵比寿の「リコスキッチン」に行ってきました。
こちらはイタリアンとフレンチの融合系な料理が食べられるお店。
食べログの評価が高かったので一度訪問したいと思っていたお店です。

2015-10-07-19.00.37

2015-10-07-19.11.46

アミューズはカニ。
こちらのレストラン、しっかりとしたコース料理を提供しておりますが、ナイフやフォークのほかに箸もおいてあって、
マナーとか細かいことを気にせず堅苦しくない感じで食事を楽しめるような配慮がなされております。
店内の雰囲気もカジュアルで、壁におしゃれな落書き(笑)がされてました。

2015-10-07-19.26.01

野菜が盛り沢山のサラダはサンマ入り。
秋刀魚でカルパッチゃうのは初めて。
かぼちゃやれんこんもおいしいです。

2015-10-07-19.47.59

貝の白ワイン蒸し。
シンプルな料理だからこそ素材にしっかりこだわらないと、カネーラモはちゃぶ台をひっくり返すことになります。
あさりも大きくてうまいし、ムール貝もうまい。
そして、貝のエキスを含んだプースー。
口にした瞬間、ニースにいるような気分になりました。
パンにディップしても当然うまし。

2015-10-07-19.46.16

2015-10-07-20.08.20

鮎のコンフィ。鮎をコンフィっちゃうセンス。
鮎の風味を生かしつつ身の食感がよく食べやすくなっており、
旨味が凝縮されており、さらに子持ちでめちゃくちゃうまいです。
器も「和」な要素があり、センスのよさを感じさせる一皿。
ドリンクメニューに日本酒を取り揃えているのもうなずけます。

2015-10-07-20.35.33

一皿一皿の盛り付けも大変美しい。

2015-10-07-20.19.59

キノコのリゾット。
見た目が完全に女子ウケしそうな感じですね。
口にした瞬間、「カネーラモ、アマルフィにいる。」ってなりました。

2015-10-07-20.53.46

メインディッシュ。
カネーラモ、不覚にも何牛か忘れてしまいましたが、めちゃくちゃおいしかったのは
覚えてます。笑
マスタードがまたいいアクセントになってうまし。
食べているとフィレンツェで過ごしたあの日々を思い出しました。

2015-10-07-21.19.55

デザートの盛りつけもかわいいです。
Dolce & Kane-ramoのコレクションよりアーティスティック。

全体的に

「んー、女子好きなやつ〜。でもイタリアン気取りなカネーラモも好きなやつ〜。」

っていうお店でした。

本場を追求しがちだったり、定番のメニューで勝負するレストランが多い中、
こちらの「リコスキッチン」は日本の旬の食材を上手に使ったメニューが多く、とても楽しめました。

恵比寿で、とてもおいしいチーズリゾットと、出会った〜「イル・ボッカローネ」

「おい佐野!とりあえず五厘(五輪)刈りにして謝罪しろ!」

とひいおじいちゃんが言ってました。

あ、私はあのエンブレム、とてもいいと思っていたのですが。笑

カネダです。

SNSが普及して「1億総揚げ足取り」な時代になっておりますが
これはいかがなものかと思いますね。

さて。

恵比寿のイタリア料理店「イル・ボッカローネ」に行きました。

イル・ボッカローネ

雰囲気のあるなかなか渋い外観。
メニューに、1989と記載されているのでなかなかの老舗のよう。
店内もどことなく昔ながら感があっていいです。

イル・ボッカローネ

トランプのキングのようなちょびヒゲを生やしたダンディな
イタリア人スタッフの方(以下:ジローラモ)が上手な日本語で接客してくれました。
スタッフにイタリア人がいると本場感が出ますね。
実はギリシャ人でした、なんてパターンだったらニセモノ感ハンパないですが笑

08

アンティパストは初対面、スカモルツァチーズの鉄板焼き。
軽く焼いた麩のような風貌ですが、もっちりとしたスカモルツァチーズの食感と
鉄板で焼いた香ばしさが相まってとてもおいしい。

イル・ボッカローネ

私の大好物、トリッパのトマト煮込み。
寿司屋は玉子焼きで決まると言われているように
イタリアンではトリッパの煮込みでその店の良し悪しがわかると、
とある美食家が言ったとか言わないとか。
それが事実だとすればこちらのお店はかなりの良店と言えるでしょう。

イル・ボッカローネ

ポルチーニ茸。
さすがキングオブキノコ、他のキノコにはない深みのある香りとリッチな味わいで
ワインとの相性バツグン。
ワイン・ミーツ・ポルチーニ。ワインに出逢うために生えてきているようなキノコですね。
見た目は華やかな料理ではないですが、これほど上物の食材は
シンプルにソテーで食べるのが一番おいしく味わえる食べ方なのでしょう。

イル・ボッカローネ

イタリア名物のカツレツは本場の味。
この味は、バロテッリのシュートを顔面で受け止めたくらい衝撃的においしい。

イル・ボッカローネ

メインディッシュ、ハラミステーキはデルピエロ級のスター選手。
焼き方絶妙、さっぱりとしているのでナンボでも食えます。

イル・ボッカローネ

イル・ボッカローネ

チーズリゾット。
チーズでコーティングされた米一粒一粒が輝いております。
こちらは白ワインに合わせました。

口の中で乳、米、ぶどうが織りなすシンフォニーは夢うつつな気分にさせるほど。
大地の恵みにグラツィエ。

今回はメニューのほんの一部を堪能しただけですが、
イタリア料理店の激戦区である恵比寿で長年続けてきている理由がわかりました。
接客も料理もすばらしいと思いましたし、また来たい、また食べたいと感じさせるものがありましたね。

とにかくおいしかった。
イタリア人でよかったなと思うひとときでした。笑

結局ジローラモの登場はありませんでしたね・・。
まあまったく似てないんですけどね。

恵比寿でショウロンポー、京鼎樓(ジンディンロウ)。

こんにちは、カネダです。

今一番乗りたい車は
ミランダ・カーです。

なんつって。

人気お笑いコンビ『バナナマン』のトド担当の日村氏が元NHK美人アナと半同棲している報道がありました。
男はカオではなくカネだということですね。

カオもカネも持ち合わせてないカネダは
ミランダカーに乗れないのでハードリカーに走ろうと思っております。

ところでけっこう前なのですが、恵比寿でロンポーを食べました。

01

京鼎樓(ジンディンロウ)というお店で本店は台湾にあります。
2時間制と言われたので人気
店ぽいです。

05

緑のロンポーはウーロンのローンポーで、ウーロンの風味がして美味。
肉汁がジューワーっとくるロンポーは何個でも食べられそうです。
蒸すのに時間がかかるだろうなと思っていたのですが、意外と早く出てきたので作り置きしてたな、
と思いましたがちゃんと熱々でうましでした。

04

カニ肉シュウマイもうまし。
もち米シュウマイはもちもち食感でかなりおすすめ。

紹興酒の飲み比べもしていい感じデシタ。

ロンポー以外にもアワビやフカヒレなどもあるので
日村氏のようなセレブの人でも楽しめるレストランですね。

日本人なら米を食え!恵比寿にある、米にこだわった料理屋さん『米福』。

こんにちは、カネダです。

シャルドネを常温で買ってきて、すぐに飲みたかったので冷凍庫で冷やしました。
ところが海外ドラマに釘付けになりすぎてしまって冷やしていることを忘れてしまい、
気づいた頃にはカッチカチ。

冷たいんだからぁ〜。

特別なスープよりロープがほしいです。
縛りたいんだからぁ〜。

さて。

恵比寿に、米にこだわった和食屋さんがあると聞いてミスター炭水化物、行ってきました。

2015-04-08-16.54.54

米福。ザ・和食やさんな店内。
メニューはポテサラなどの一品料理や鍋料理などがあり、
またごはんはいくつかの銘柄からチョイスすることができます。
ごはんのお供も充実しております。
ただ炊き上がるのに40分ほどかかるので、その間は飲みながらおつまみを
いただくスタイルがよさそう。

hortaruika

今回は春の食材を楽しめる『おまかせコース』にしてみました。
まずはお通しのホタルイカと菜の花の、直球ど真ん中な旬コンビから。

aoriika

次にお造り。かんぱち、平貝、アオリイカ。
肉厚のアオリイカ、うまし。

お米にこだわるお店ですから当然日本酒にもこだわりがあります。
喜久酔や〆張鶴、乾坤一、醸し人九平次など好みにあった日本酒が楽しめます。

でも私は焼酎を飲んでました。笑

masu_kinome

鱒の木の芽焼き。照りっ照りでいい焼き具合、うまし。
丸っこく形どった大根おろし、カワユス。

chiayu

稚鮎の天ぷら。独特の苦味は大人の味。

syabu2

すき焼き風しゃぶしゃぶ。A5黒毛和牛はさっぱりいただけます。
レタスのシナシャキ感はよし。

syabu

そして米。
銘柄は耳にしたことがないものばかりで
– ヒカリ新世紀
– コウノトリ育むお米
– 矢田農園のコシヒカリ
– 逢地さがびより
– 夢しずく
の5つの中から選べるようになっており、ふっくらめや固めなど好みに合わせてチョイスできます。
またおそらく期間限定の『筍の炊き込みごはん』もあり、かなり魅かれましたが
ここはビギナーが手を出してはいけない領域だとカネダの中のリトルカネダが
ささやいたので白米にしました。
今回は固めである佐賀県産の『逢地さがびより』をチョイス。

kome

萬古焼の土鍋の蓋を開けると、ふわっと炊きたての香りを漂わせながら、白く輝く米が顔を出す。
一粒一粒がたっており、美しいとさえ感じてしまいます。
久しぶりにおいしいと感じるお米を食べた気がします。

gohan

辛子明太子オンザライスは絶品。箸が止まらない。
再認識アイアムジャパニーズ。

持論として、本当にうまい米は冷めたときにこそ真価が問われると思っているので
残った分をおにぎりにしてもらい、翌日食べました。
風味がしっかり残っており、またちょい固めな感じが超絶うまかったです。

冷たいのに、あったかいんだから〜。

『逢地さがびより』の生産者さまに心から感謝を申し上げたい気持ちになりました。

エビスモンジャ!のカマンベールもんじゃ。

広瀬は「アリス」よりも「すず」派、
カネダです。

新ドラマ「学校のカイダン」が面白いです。タイトルだけ聞くとトイレの花子さん的なチンケなお化けが現れてワーワー騒ぎ立てる子供だましのチンケな学園ホラードラマだと思ったのですが、怪談ではなく階段のほうでした。
1人の女子高生が、いじめで強制的に生徒会長にさせられ、つらい学園生活を送ることを余儀なくされそうになる中、ある天才スピーチライターと出会い、彼の持つ「言葉の力」を授かりその力によって学園内の底辺から這い上がっていく、というようなお話。
天才スピーチライター演じる神木隆之介くんの演技、初めて見てその演技力にとても引き込まれました。ストーリーも独創的で、今後の展開がかなり気になりますね。

さて。

新年一発めの外食は恵比寿でもんじゃ焼きを食べることにしました。
エビスモンジャ!というわかりやすいお店のお名前。

以前何かのテレビ番組でお店が紹介されていて、その中で「カマンベールもんじゃ」というのが出ていたのでミスターズーチーのカネダとしてはおさえておかないと面目が立たないのでご対面してきました。

monja

カマンベールが丸々、中央にどっしりとあぐらをかいていて斬新な画でございます。
最終的には潰すのですが、食べるとズーチーの存在感がハンパなく、とてもおいしかったです。
また、ザクザクに切られた野菜がたっぷり入っており、ヘルシー。

チーズ好きな人は食べてみる価値ありのもんじゃでした。

白いカレーうどん@エビス 初代

鉄人28号より君のハートを万引きしたい」

いや、27万円支払います。
リボ払いで。

なんつって。

こんにちは、カネダです。

恵比寿に白いカレーうどんなるものがあると聞いて、
食べに行ってきました。

恵比寿駅から歩いてすぐのところにある「初代」というお店。
1階は長いカウンターが並び、2階がテーブル席となっています。
ちょっといい料理屋さんの雰囲気で小綺麗な店内。
天井が高くてとても落ち着いた空間です。

名物はやはり白いカレーうどんのようですが
そばや飲めるおつまみなどもかなり充実しております。

モッツアレラチーズの味噌漬けなど軽くつまんだ後に
〆で白いカレーうどんを注文。

ebisu_white_curry_udon




なんかパンケーキみたいですが、白いのを食べてみるとふわふわっとした食感でじゃがいもの味がします。
ビシソワーズをウィーンと泡立てた風のものですね。

ebisu_white_curry_udon2

麺を取り出すとおなじみの色合いであるカレーうどんがお目見えします。
味は、かつおだしがしっかりと効いており、また白いやつのマイルド感もあいまって非常においしいです。
もの珍しさで訪問する人も多いでしょうが、本格的にこだわったうどんではないかと思います。

うどんよりそば派なカネダでしたがこちらのうどんはなかなかハマりそうです。

金持ちの
財布の中身は
まんだらけ

ちなみに私の財布の中身はマクドナルドのレシートだらけでございます。




チーズラーメン@恵比寿

こんにちは、東京セントラル証券に出向したいカネダです。

あまちゃんを一度も観ていないのでまとめて観ようと思ったのですが、

全156話x15分÷60分=39時間

いっきに観ようとすると、なんだかとてももったいない気になってきました・・。

じぇじぇじぇ。

昔、東京に出てきて間もない頃に会社の先輩に連れて行ってもらって
「東京のラーメン、ファンタスティックすぎ!」と強いインパクトを感じたお店、九十九ラーメンに、
その日以来ぶりに行きました。こちらのお店はチーズラーメンが名物で、以前は限定だったと思うのですが
今はそうじゃなくなったようです。
九十九(つくも)チーズラーメン@恵比寿

上に細かく削られたチーズがどさーっとのっかっております。
スープはとんこつ。
一見斬新ですが、さらりとしたとんこつスープとマイルドなチーズが口の中で溶け合い、
あくまでナチュラルにうまさが広がります。
そして麺がうまい。細いちぢれ麺でとても口当たりがよいです。

でもなんとなく物足りなさを感じたのは最近
家系のこってり系ラーメンばかり食べているからでしょう。笑
よくない、よくない。。

でもこのチーズラーメンも相当カロリーが高いでしょうね。
ランチだとトッピングが2種類選べます。

九十九とんこつラーメン 恵比寿本店ラーメン / 恵比寿駅代官山駅広尾駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

恵比寿でガパオランチ@カフェマングローブ

最近、カーディガンを着ずに肩からかける「プロデューサー巻き」を
している人を男女問わずよくみかけるようになりました。

石○純一風でなんだかキライなスタイルだなと思っていたのですが
香川真司選手もしていたのでマネすることにしました。笑

恵比寿でガパオランチ@カフェマングローブ

お昼に恵比寿でガパオってきました。
ガーデンプレイスのウェスティンホテル近くにあるミッ・・カフェマングローブ。

店内はエスニック調でムーディー。
こちらのガパオの特徴はまずライスをタイ米か十六穀米かのチョイスができる点。
私は迷わずタイ米でお願いしました。
お店によっては超激辛のガパオが出てくる場合も多いので辛さも確認。激辛のパターンではなかったです。
具にメンマが入っていて、けっこう珍しいと思うのですがしんなり柔らかくおいしい。
目玉焼きも周りがしっかりカリカリでうまし。

ランチだと大きめのお皿に盛られたサラダがついてくるのでお得感がありました。
次回は十六穀米のパターンで攻めてみたいと思います。

カフェ・マングローブ 恵比寿店タイ料理 / 恵比寿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5