江ノ島に手づかみシーフードのお店ができたので行ってみた「キャッチザケイジャンケジャン」

Pocket

暑いですね。
今期の新ドラマはかなり観ておりまして、ざっと感想を述べさせてもらいます。1話の時点で一番面白いと思ったのは「この世界の片隅に」でしょうか。アニメ映画も観ましたが、なんか切ないストーリーでまた、主人公の松本穂香ちゃんも切ない演技で基本涙目で観てました。ハゲタカも原作ファンなので面白く観られました。ネットでは髪型やファッションがダセーなんて呟かれていたようですが、そこは綾野剛くんの演技力とビジュアルでカバーしているといったところでしょうか。「高嶺の花」はほぼ石原さとみのプロモーションビデオみたいな感じ。野島伸司脚本ですが、役者に助けられている感は否めないな、と思いました。あと「母と義母のブルース」は綾瀬はるかの名刺の出し方が面白くて観てしまいます。そしてカネダの大好物である吉岡里帆ちゃん主演の「健康で文化的な最低限度の生活」が大幅な期待はずれ・・。なんかあっさりしていて面白みがなかったのですが、第二話は期待したいと思います。

さて。
ここ最近話題になっている手づかみシーフードのお店が江ノ島にできたので行ってきました。
「キャッチザケイジャンケジャン」はあのジャーナルスタンダードとかアパレルをやってるベイクルーズが運営しているようで、渋谷に続いて江ノ島店が2店舗めのようです。

江ノ島に手づかみシーフードのお店ができたので行ってみた「キャッチザケイジャンケジャン」

お店の外観。スターバックスの隣にあります。

江ノ島に手づかみシーフードのお店ができたので行ってみた「キャッチザケイジャンケジャン」

店内の様子。テーブルに直接、料理をぶちまけるので紙が敷いてあります。

江ノ島に手づかみシーフードのお店ができたので行ってみた「キャッチザケイジャンケジャン」

店内は今流行りのブルックリン風ってやつでしょうか。

江ノ島に手づかみシーフードのお店ができたので行ってみた「キャッチザケイジャンケジャン」

よくあるあれに、スパイスをまぶしたおつまみ。

江ノ島に手づかみシーフードのお店ができたので行ってみた「キャッチザケイジャンケジャン」

フライ。

江ノ島に手づかみシーフードのお店ができたので行ってみた「キャッチザケイジャンケジャン」

エビとかカニを注文。ソースは3種類。味はどれも個性的で、以外にさっぱりめ。
手袋をしながら、ハサミで切ったりして食べるのですが、これは好き嫌いが完全に別れる食べ方でしょうね。

江ノ島に手づかみシーフードのお店ができたので行ってみた「キャッチザケイジャンケジャン」

スイーツ。ワイン1本空けているので記憶なし。笑

ずっと行ってみたいと思ってはいたのですが、いざ行くと、一度行けばいいかな、という感想。
ハワイとか観光地で食べたほうが思い出として残っていいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です