鴨、京都へ行く。を観てから椎名林檎のここでキスして。という曲にハマった件。

最近またよくドラマを観るようになりました。
今はフジテレビの「鴨、京都へ行く。」が面白いです。

内容は、

財務省のキャリア官僚だった女性が、京都の名旅館の女将である母親の死により、
新米女将に転身するコメディ。
Wikipediaより

です。笑

背の高い女性は着物が似合わないと言われたりしますが、
174センチある松下奈緒の着物姿は五重塔より美しいです。(なんか逆に失礼な表現)

仲居頭役の堀内敬子のはんなり加減がパネーです。

そして、かたせ梨乃の演技が神がかっていると言いますか、
京都弁でちょっと語尾に余韻を残して語るのがマジですげーです。

という着物姿の美しい女性がたくさん出ているという理由で毎週観ております。笑

本題なんですが、このドラマの主題歌が椎名林檎の「いろはにほへと」という曲なのですが
ドラマとマッチしていてメロディアスな感じ。
でも私は特に椎名林檎のファンでもないので「ふ〜ん。」程度に思っていたところ、
デビュー15周年周年ということでラジオでもよく取り上げられていました。
その中で「ここでキスして。」という曲も流れました。

ずいぶん前にリリースされた大ヒット曲ですが、当時は特にいいと思いませんでした。
そして14年の時を経て、カネダの心を揺さぶってきやがりました。

iTunesからダウンロードしてリピっております。笑

話はかわりますが、ドラマとか映画って、男性と女性で見方が違うと誰かが言ってました。
男性はキャストの演技とか演出に注目しがちで、
女性はストーリーにしか注目しないらしいです。
私に限って言えば当たってますね。他の人はどうなんでしょうか。

あとドラマは空飛ぶ広報室、観てます。

どうやら私はワーキング系のドラマが好きなようです。笑

at home(アットホーム)のCMで流れている曲がすごくいいので調べてみたらHotel Lightsっていう歌手でした。

初めてCMで聴いたときにすごく引きこまれました。
なんかちょっと切ないメロディ。
『You come & I go』という曲名。

久しぶりにバラードをヘビロテしました。

グラミー賞、発表。

グラミー賞が発表されましたね。
すっかり忘れているほどあまり関心を持っていたなかったのですが去年
グラミー賞の記事を書いたので、一応今年も書こうと思います。

今回、私が以前からよく聴いていたエド・シーランのThe A Teamもノミネートされておりましたが、
最優秀賞はWe Are Youngに決定。
この曲はラジオでパワープレイされていましたが、あまり響かなかったです。
アラバマシェイクスのほうが好きかなー。

この曲よりはカーリー・レイ・ジェプセンのcall me maybeのほうがはるかに好きです。
ここ最近のヘビロテ曲。笑

またこのPVがいかにもアメリカンティーンエージャーな感じ。
イケメンの男子が上半身ハダカになりながら庭で芝刈りをしていているシーンは
なんでやねんと突っ込みたくなります。笑

さらにそんな男子を、部屋の窓から覗き込んでときめいている女子。
その姿は「家政婦は見た!」にしか見えません。笑

ちなみにテイラー・スイフトちゃんの「We Are Never Ever Getting Back Together」も好きな曲です。

なんか最近そっち系、多いなー、年甲斐もなく・・。

ジェイクバグ、いいですね。

久しぶりにアタリなUKロックを発見しました。

ジェイクバグ

その名も「ジェイクバグ」。

ジェイクバグは18歳のロンドンボーイで、ちょっとワルガキチックなロックシンガーといった雰囲気。

サウンドは、オアシスやアークティックモンキーズに似た感じなので、
それらが好きな人はイッパツで虜になるでしょう。
また、クークスにも似てるなーと思ってしまうのは
UKロックを一括りとして捉えてしまっている私の偏見かもしれません。。

YOUTUBEで何曲か聴いて、全てかっこよかったです。
ロックだけではなく、しっとりとしたフォーク調の曲などもあり、聞き入ってしまいます。
特に気に入った曲「Taste It」をシェアしておきます。

デビュー・アルバムはUKチャート初登場1位だそうです。
ジェイクバグ、確実に来ると思います!

ジェイクバグのデビューアルバム

黒人ギターリスト、ゲイリークラークジュニアの「Ain't Messin 'Round」。

黒人シンガー、ゲイリークラークジュニアの「Ain’t Messin ‘Round」という曲がよいです。
ゲイリークラークジュニアは、オバマ大統領主催の音楽イベントに招待されて、全米で一気に注目されるようになったそうです。

ゴリゴリのギターサウンドから、ブルースチックなオトナな音まで幅広い感じがよいですね。

デビュー・アルバム『ブラック・アンド・ブルー』も全米でかなり売れたみたいで、しかも来年の3月に来日するそうです。
おいしい寿司でも食べて行ってほしいです。笑

今後も要注目。

ゲイリークラークジュニアのツイッターフェイスブック

H & MのCMにラナデルレイ。

テレビを観ていたらH & MのCMが流れていて私のお気に入りの歌手、ラナデルレイの音楽が流れました。
どうやら2012年秋冬キャンペーンの顔に抜擢されたとのことです。

ラナデルレイはけだるい歌声が特長で、ヨーロッパではとても人気のある歌手。今年の2月に発売されたアルバム『Born to Die』もかなりよかったです。これを機に、もっと日本でも売れればいいなと思います。

ちなみにCMで使われている曲は「Blue Velvet(ブルーベルベット)」です。これもけだるい感じでよいサウンドですね。

VINTAGE TROUBLE(ヴィンテージ・トラブル)、いいですね。

こんばんは、カネダです。
部屋のエアコンを付けずに汗だくになりながら自宅警備の業務(通称:カネソック)に勤しんでおります。笑

こちらはVINTAGE TROUBLE(ヴィンテージ・トラブル)というバンドのPV。近頃はロックをあまり聴かなくなっていましたが、これはかなり気に入りました。ソウルフルなボーカルとエッジの効いたロックサウンドの組み合わせが新鮮でかっこいいです。
今年のサマソニにも出演する予定なので、日本でもブレイクしそうです。

ところで今年のサマソニの目玉は誰なんでしょうかねー。昔よく聴いていたフランツ・フェルディナンドが出演するみたいですね。リアーナとか普通に聴いちゃってるのでいいなーとか思います。

でも最終的に、一番人を集めるのはももいろクローバーZなんでしょうね。笑

人が大勢いるところは『ホラー映画』の次くらいにニガテなのでその日も自宅警備員として任務を果たす所存でございます。

 

PR:自宅警備はカネソック♪(笑)

坂道のメロディ、いい曲。

今シーズンのアニメは坂道のアポロンがカネダセレクション最高金賞ですね。

この作品のテーマがジャズで、音楽へのこだわりがとても素晴らしく
オープニングはもちろん、作中に挿入される音楽もかなりいい感じになっています。

オープニングの曲はYUKIが歌う坂道のメロディという曲。
作詞も手がけているのですが、これがすばらしい。
ジュディマリ時代のも含めて、YUKIが歌っている曲の中で最も好きですね。

『耳に絡みついてもう離れないよ
このメロディは もう恋みたいだ』

ここだけ切り取るとちょっとわけわかんないかもしれませんが、私はこのフレーズがめちゃくちゃ好きなんです。

作曲も最高。一発聴いただけでのめりこんでしまうきれいなメロディライン。
やはり菅野よう子は外さないです。

もう、この曲が、私にとって絡みついて離れないメロディとなっています。

ただ、エンディングの曲は残念です・・。

と、隣の席の人が言ってました。

スモーキーボイスが素晴らしい。アデル。

グラミー賞主要3部門を受賞したアデルのCD『21』をアマゾンで買いました。おそらくCDを購入するのは数年ぶりで、いつもはiTunesからダウンロードしていたのですが、この1枚だけはちゃんとしたCDとして持っておきたいと思い、購入しました。
1曲めRolling in the deepから始まり、ラストはSomeone like youでシメる流れになっていてもう、全曲グっときます。きれいなピアノのメロディーとスモーキーボイスで最大限に表現した音の芸術。運転しながら聴いていたのですが、もう到着するにも拘らず、しばらく聴きたいので遠回りしました。笑

アデル、最高っす。
後世に残る1枚だと思います。