鴨、京都へ行く。を観てから椎名林檎のここでキスして。という曲にハマった件。

最近またよくドラマを観るようになりました。
今はフジテレビの「鴨、京都へ行く。」が面白いです。

内容は、

財務省のキャリア官僚だった女性が、京都の名旅館の女将である母親の死により、
新米女将に転身するコメディ。
Wikipediaより

です。笑

背の高い女性は着物が似合わないと言われたりしますが、
174センチある松下奈緒の着物姿は五重塔より美しいです。(なんか逆に失礼な表現)

仲居頭役の堀内敬子のはんなり加減がパネーです。

そして、かたせ梨乃の演技が神がかっていると言いますか、
京都弁でちょっと語尾に余韻を残して語るのがマジですげーです。

という着物姿の美しい女性がたくさん出ているという理由で毎週観ております。笑

本題なんですが、このドラマの主題歌が椎名林檎の「いろはにほへと」という曲なのですが
ドラマとマッチしていてメロディアスな感じ。
でも私は特に椎名林檎のファンでもないので「ふ〜ん。」程度に思っていたところ、
デビュー15周年周年ということでラジオでもよく取り上げられていました。
その中で「ここでキスして。」という曲も流れました。

ずいぶん前にリリースされた大ヒット曲ですが、当時は特にいいと思いませんでした。
そして14年の時を経て、カネダの心を揺さぶってきやがりました。

iTunesからダウンロードしてリピっております。笑

話はかわりますが、ドラマとか映画って、男性と女性で見方が違うと誰かが言ってました。
男性はキャストの演技とか演出に注目しがちで、
女性はストーリーにしか注目しないらしいです。
私に限って言えば当たってますね。他の人はどうなんでしょうか。

あとドラマは空飛ぶ広報室、観てます。

どうやら私はワーキング系のドラマが好きなようです。笑

八景島シーパラダイスの水族館へ行きました。

仕事の取材のついでに、八景島シーパラダイスの中にある水族館へ行ってきました。
八景島シーパラダイスには水族館のほかに遊園地もあり、上空にブワァーッと何の意味もなく登る絶叫マシンなどもあります。
水族館に行くのはおそらく中学生の頃の修学旅行で大阪に海遊館へ行ったきりだったので十数年ぶり。(たぶん)

本音を言うと、あまり期待していなかったので、ありきたりなのが泳いでいるだけのレベルかと思いきや、
ジンベエザメやアシカ、セイウチ、ペンギンなどかなりたくさんの生物が泳いでいました。

小さいお子様連れのファミリーがたくさんいて、ホッキョクグマを眺めていた4,5歳くらいの小さな男の子が、
「あそこにもパパがいるー!」
と、叫んでおりました。笑

またアシカやイルカのショーなどもやっており、我が地元の弱小J2サッカーチームの
サポーターより大勢の人が観覧しておりました。笑

八景島シーパラダイスへ行きました。

ペンギンのかわいさは異常です。

八景島シーパラダイスへ行きました。

観ていると、ペンギンのほうから私のほうに寄ってきました。
どうやらペンギンには好かれるのでしょう。笑

八景島シーパラダイスへ行きました。

セイウチ。初対面の生物です。

八景島シーパラダイスへ行きました。

神秘的なクラゲ。どことなく写真もアーティスティックに表現できてます。

魚を見過ぎた反動で、その夜は焼肉を食べましたとさ。

宅配ピザ人気ランキング。

本日11/24にテレ朝で放送していたお願いランキング「宅配ピザ ベスト15」を観ていたら、
尋常じゃない欲求でピザが食べたくなったので注文しようとしたところ、「あれ、財布に現金入ってたかな。」と思って中身を見ると
400円しか入っていなくて、ただただ指をくわえながらおいしそうだなーと思って視聴してました。

そんで今度はぜひ食べてみようと思ってとりあえずメモ。

1 ピザーラ 本たらばとエビのクリームグラタンピザ
2 ピザハット ファミリー4
3 ピザーラ モッツァイタリアーナ

4 サルヴァトーレ・クオモ マルゲリータ
5 ピザハット ナチュラル4
6 ナポリの窯 モッツァ・クワトロフォンテ
7 ピザーラ テリヤキチキン
8 サルヴァトーレ・クオモ D.O.C〜ドック〜
9 ピザーラ ソーセージと厚切りベーコンのミートソース
10 ピザーラ 冬のキャンペーンクォーター
11 ナポリの窯 ナポリのマルゲリータ
12 ピザハット 特うまプルコギ
13 ピザハット フレッシュモッツァレラのマルゲリータ
14 ピザーラ クリームチーズと生ハムのイタリアーナ
15 ピザーラ マルゲリータ

・サイドメニュー部門

1 ピザーラ フレンチフライ
2 ピザーラ パクチキコンボ
3 ピザーラ パクチキ5ピース

4 ピザーラ シーザーサラダ
5 ピザーラ 竜田ミックス
6 ピザハット 焼きたてポテト
7 ピザーラ パイで包んだクラムチャウダー
8 サルヴァトーレ・クオモ ズッパ ディ ペッシェ
9 サルヴァトーレクオモ きのことベーコンのカルボナーラ
10 ナポリの窯 旨だれ 手羽中

ランキングを見るとやはりピザーラが強いようです。1位の商品はしつこいくらいCMやってますしね。
ちなみに1位の本たらばとエビのクリームグラタンピザはソースにかにみそを使用し、本たらばと本ズワイガニをふんだんに盛りつけているそうです。確かにおいしそう。
私もなんとなくピザーラ派なのですが、ナポリの窯やサルヴァトーレ・クオモなど、わりと本格志向で
おいしそうだったので次回はトライしてみたいです。

でもなぜドミノ・ピザは参加しなかったのでしょうか・・。

H & MのCMにラナデルレイ。

テレビを観ていたらH & MのCMが流れていて私のお気に入りの歌手、ラナデルレイの音楽が流れました。
どうやら2012年秋冬キャンペーンの顔に抜擢されたとのことです。

ラナデルレイはけだるい歌声が特長で、ヨーロッパではとても人気のある歌手。今年の2月に発売されたアルバム『Born to Die』もかなりよかったです。これを機に、もっと日本でも売れればいいなと思います。

ちなみにCMで使われている曲は「Blue Velvet(ブルーベルベット)」です。これもけだるい感じでよいサウンドですね。

日食を観ました。

週間天気予報ではずっと曇りマークになっていたのですが、今朝、まぶしい朝日が部屋に差し込みました。
私の住む地域では金環日食は見られず部分日食になってしまいましたが、それでも観測されるのは125年振りとのことで、とても貴重な体験となりました。部分日蝕はとても神秘的で美しく、見入ってしまいました。

部分日食

朝起きて、画期的な日食メガネを工作。

日食メガネ

太陽しか見えませんでした。

また自分の中で天文ブームが再燃しそうです。

また6/6には金星の太陽面通過が今後105年間は観測することができない、めずらしい現象らしいので来月も楽しみです。

鉄腕DASHで紹介されていたモンモリロナイト。

モンモリロナイト

鉄腕DASHを観ていたらモンモリロナイトが紹介されていました。私、このモンモリロナイトに関しては以前からちょっと知っていました。
『モンモリロナイト』とは粘土状の成分。モンモリロナイトの成分で洗顔すると、肌の不要な汚れを吸着する効果があるというすぐれた粘土なんです。モンモリロナイトは、鉄腕DASHでも紹介されていた通り、お肌にやさしい、化粧品業界でも今大注目の成分です。

新メンバー杏ちゃんを迎えてのぐるナイゴチを観ました。

ぐるナイのゴチは好きなバラエティ番組でよく観ています。そのゴチのメンバーが今日から、佐々木望ちゃんから杏ちゃんにバトンタッチして新しくスタート。私、杏ちゃんのめっちゃファンなんです。まさかバラエティに出るとは思わなかったのでいい意味でショッキング。

番組序盤に「肉と魚、どっちが好きー?」っていう質問に、

杏ちゃん「薬味がすきですねぇー」

素敵すぎ。

髪の根っこから指の先まで本当に美しくて品がある上に、車海老の頭をバリバリ食べるほどの破天荒さも兼ね備えています。

素敵すぎ。

自ら歴女(歴史に関心のある女性のこと)と名乗り、特に興味のある幕末の志士について熱っぽく語る姿。

素敵すぎ。

ゴチデビューで見事に負けてしまい、悲しい表情を浮かべる杏ちゃん。

かわいすぎ。。

オーダーした数が極端に少なくておもいっきり負けちゃいましたが、佐々木望ちゃんがかすむくらいに華々しいデビューでした。(※あくまで個人の見解でございます。)

あとちょうど今日のニュースでやっていた、杏ちゃんのお父さんである渡辺謙さんの、ダボス会議のスピーチもちらっと聴きましたがすばらしかったです。

この親にしてこの娘あり、だと思いました。

ぐるナイのゴチは見逃さず観ようと思います。

テニス錦織選手の結果。

今までテニスって全く関心のないスポーツだったのですが新春特番でとんねるずと錦織選手(と、シューゾー)が勝負をしていたのをみて、エアケイ、ヤバス!と思って興味がわきました。
そして今開催されている全豪オープンでニシコリ選手が大健闘しているということで「観たい!」と思っていたら、なんとNHKさんが放送しておりました。

メルボルンは今、夏の時期なので錦織選手はすごく暑そうでした。でもおそらくTVで観戦中の、シューゾーのほうがアツいと思われます。笑
対戦相手のアンディ・マレー選手は世界ランク4位という強者。結果は負けてしまいまたが、大健闘でした。
次の大会につながると思います。今後も錦織選手には注目していきたいです。

NHKスペシャル『生み出せ!“危機の時代”のリーダー』を観ました。

NHKスペシャル『生み出せ!“危機の時代”のリーダー』を観ました。全部観ましたがあくまで21時まで観ての感想。

冒頭で番組が投げかけました。

「なぜ日本でリーダーが育たないのか。」

「えー??いや、リーダーはいるでしょ!」

間違いなく日本には多くのリーダーがいるはずです。ただリーダーの中のリーダーが出てきていないのは事実だと思います。なぜなら、出る杭は打たれるという認識があるから。失敗するからチャレンジしない、とかそんなレベルの話じゃない。全力でチャレンジしてますから!トップダウン型とか調和型とかもあまり関係ない気がする。日本の将来は暗い、と考える人もいれば、「私がジョブズみたいに世界を変えたい」と思っている人も日本にいますよ。

エリート教育は必要かという話がありましたが、確かに必要だと思います。ただこの話は、リーダーを育てる、という論点とは全く直結しない。なぜならエリート教育は枠にハマった教育だと思うんです。
スティーブ・ジョブズをリーダーの基準に、彼がなぜ世界の歴史に名を刻むほどのリーダーになったのかというと『既成概念』をぶっ壊して地球を陸続きにするほどの革新的なプロダクトを創ったからですよね。そういう意味で、エリート教育を徹底すればするほど、革命を起こすようなリーダーは育たないと思います。
ましてや現状の義務教育の現場を批判するなんてナンセンスなのでは?

まだまだ社会で生存している「団塊」がボトルネックになっている気もします。彼らには絶対的な実績があるから自分が正しいと思って若者に押し付けてくるんです。ここに問題あり。
とはいえナガオカの社長さん(初めて存じましたが)の意見は勉強になりましたし、またクリーニングチェーン店経営の高橋社長の意見も素晴らしいと思ったので、「団塊」という言葉一括りにはもちろんできません。(ただ身近な団塊が・・)
リーダーの素質として重要なのは柔軟性だと思います。そう遠くない将来、この構造が変わると日本にも国際社会に通用するリーダーが誕生する可能性はあるんじゃないかと思います。(私、日本の未来は明るいと思っているので。。)

まー。こういう番組をどんどんやって、若い人たちに観てもらうことがリーダー育成につながるような気がします。多いに啓発されたのでシリーズ化してほしいです。

そんで途中から社会学者の古市教授がイタリアンシェフの川越さんに見えてきてしょうがなかったです。

姜教授、声がステキすぎ。

えがちゃんは、、知らないっ。

ドリームガールズを観ました。

ドリームガールズ

ビヨンセ好きを公言しておきながら今さらになってドリームガールズを観るってどういうことなのオレ??って自分で勝手に思いましたが、、観ました、ドリームガールズ。

まだ黒人と白人の間に大きな溝があった頃、エンターテイメントビジネスの世界で成功を夢見る3人の女性ソウルシンガーのお話。原作がミュージカルということで中盤あたりからミュージカル風にストーリーが展開されていきます。ビヨンセ、演技すげーうまいし、とにかく「みんな歌うめー!」と思いました。本当に存在する3人組のユニットであるかのようでした。もうジェニファー•ハドソンの声量が凄まじくてビヨンセ以上にすげくねー?と思って観終わった後にウィキペディアを見ると『その演技は「主演のビヨンセを食った」と絶賛され…』と書いてありました。激ヤセした今でもあのパワーボイスは健在なのでしょうか。

やっぱビヨンセかわいいー。おすすめー。