電子マネーやカードで支払いがちな人は浪費につながりやすい、とは思わない。

LINEで送る
Pocket

「レジ待ってるときに小銭出すのがやたら遅いババア、わざと遅くしてるだろ!怒」って思っちゃうカネダです。

電子マネーやカードでの支払いは行動経済学的に浪費につながりやすいそうです。

電子マネーがコンビニやスーパー、タクシーなど至るところで使用可能になってきた昨今、
あまり現金を使わなくなったという人も増えてきているのではないかと思います。
私も今、ほとんど現金を使わずにスーパーやコンビニではApple PayのSUICAを利用して買い物しています。

今日、ワイドナショーを観ていると、「電子マネーやカードを利用する人は浪費につながりやすいと行動経済学で証明されている」というようなことを言ってました。
きっとお金の感覚がわからなくなって、ポンポン使っちゃうから、ということなんでしょうが、カードを使ったほうが現金を使うよりお金の管理がしやすいと思います。
現金の収支管理はレシートを見て入力する手間がありますが、カード明細はマネーフォワードなどの家計簿アプリと連携しているので自動で一ヶ月の収支をまとめてくます。
ちまちまレシートの金額なんて書いてられないでしょう。
なので管理しやすいという意味で、電子マネーやクレジットカードで決済したほうがいいです。
クレジットカードだとポイントも貯まるしね。
楽天カードだとポイントが貯まりやすいのでかなりお得です。

居酒屋もSUICA対応の店が増えるとカネダ的にはうれしいですね。

LINEで送る
Pocket

関連ワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です