学芸大学、おでん やべ。

昔つきあっていた彼女に、とあることでブチ切れられて
食べていたカシューナッツを奪われてぶつけられたことがありました。

これがホントのナッツリターン。

なんつって。

カネダです。

おでん やべ

以前から気になっていた学芸大学の「おでん やべ」に行きました。
赤ちょうちんがぶら下がった、シブめのお店。
店内はカウンターだけでこじんまりとしており、いかにも常連さんが多そうな昔ながらの居酒屋風。

おでん やべ

あっさりめのつゆにひたっているのは大根、じゃがいも、はんぺん、がんも。
大きいたねは食べ応えがあるので大好きです。

おでんといえば日本酒。
おでんと燗酒の組み合わせはイッテQの出川とデヴィ夫人のコンビくらい相性がいいです。
たっぷり汁を吸った大根にかじりついたときに感じる「日本の冬たまらん」感。

こりゃたまらんらん♪ By 俺の嫁

ゆったりのんびりできる居酒屋。
こちらのお店はおでんだけではなく
焼き鳥などもあるのでいろいろ楽しめそうです。

ナッツリターン問題で一句。

チョ・ヒョナ氏
地獄の淵へ
ゴウマン飛行

よいお年を♪

新橋で激ウマ餃子店を発見!一味玲玲(いちみりんりん) 2号店。

ふくしくんに似てるよね〜!』って
最近よく言われるカネダです。

あ。

落合フクシくんのほうです。
年の瀬ジョークを放ってみました。

さて。

新橋に餃子の名店があると聞いたので行ってきました。

一味玲玲(いちみりんりん)2号店。
2日前に本店に予約の電話をしたら「予約でいっぱいアルよ」と言われたので
次は2号店に電話をしたら「空いてるアル」と
言われたので「シェイシェイ」と言って電話を切りました。

場所は鳥森口を出て飲食店が密集している中にあります。
当日に行くと、奥の方とか空いているのに入り口付近の狭い席に通されたので、なんでアル!と
思ったのですが、後からどしどしお客さんが入ってきてすぐに満席に。
なるほど相当な人気店アルね。予約してない人もひっきりなしに来てました。

まず餃子の種類が豊富。
セロリ餃子やトマト餃子、シソ餃子、カキ餃子、レモン餃子など珍しいものが多いです。
さらに味別に水餃子、焼き、蒸しとチョイスできます。

その中でも私が一番気になったのはパクチー餃子。
おすすめの「焼き」でいただきました。

00

5個入りで500円。
形は丸っこい感じで食べやすそう。そしてこれが超絶うまし。
もっちりとした皮の食感から肉汁ブシャーにパクチーの風味が香り、絶品絶句(←新しい四字熟語)。
しっかり味がついているので、たれをつけなくてもうまし。
全種類食べてみたい。

この世に蒲田の歓迎(ホアンヨン)よりおいしい餃子はないと思っておりましたがまた歓迎とは違うおいしさがあって甲乙つけがたいくらいこちらの餃子もおいしかったです。

こちらの餃子はにんにくが入っていないのですが、これで
にんにくを入れたら宇宙最強なのではないかと思います。

中華料理店なので餃子だけでなく他のメニューも多数ありますアル。

新橋で食事するなら一味玲玲に行っチャイナ、とおすすめできるお店でした。

接客はかなりひどいけどおいしいラーメン屋、モンゴメリー学芸大学

「誰がベイマックスだよ!」

カネダです。

富士山より先にカネダサンが噴火しそうです。

さて。

学芸大学の隠れた名店モンゴメリーに行ってきました。
こちらはカウンター10席も満たない、激しく狭いラーメン屋さん。
過去に何度か訪れたことはありました。

mongo

この日もいつものキャベツラーメンをオーダー。
とんこつ系でとてもこだわりが感じられる味。
チャーシューやキャベツなどの具材もかなりおいしい。

重たくないのにあとひく味なのでとてもファンが多いラーメン屋さんなのですが
こちらのお店、大きな欠点があります。

店主がとんでもなく無愛想。。
別にいらっしゃいませとか、ありがとうございましたを言わないくらいならなんとも思いませんが
ひどかったことがあって、ごちそうさまと言ってお金を置くトレイに1000円札を置き、
おつりの200円をトレイの中のわざわざ遠い位置に置くという仕打ちを受けたときは
どうしようかと思いました。

と、言いながらタイミングがあったらまた食べに行くのだろうなと思います。

びっくりドンキー。

こんにちは。
目の前に「既得権益」が落ちてたら間違いなく拾うカネダです。

皆さん選挙には行かれましたか?
政治に関心のない私ですが、ちゃんと行きましたよ。
ただ私はとても字が汚いので、名前が読めるかどうか心配です。笑

さて。

2年ぶりにびっくりドンキーに行ってきました。

2014-12-08-11.22

チーズハンバーグディッシュに目玉焼きトッピング。

うまい。

味付け。
食感。

もうたまらなく
すきッス。

東京に来てからいろんなハンバーグを食べました
やはりびっくりドンキーの存在は無視できないし名店にも劣らない満足度があります。

ただ幹線道路沿いにしかないのが非常に殘念。
駅近にあれば間違いなくシューイチもんです。

中にポテサラとチーズが入ったポテサラパケットディッシュも人気のメニューですが
私は食べたことがありませんので次回はこれを注文したいと思います。

渋谷のビストロ、道玄坂コックマン。

こんにちは、悪魔に魂を売ろうとしたら買い取ってもらえなかったカネダです。
しょうがないので小悪魔ちゃんを買おうと思います。

さて。

夜のおでかけは中目黒、恵比寿、三茶あたりが多い私なのですが、
珍しく渋谷で夜を過ごしてみることにしました。
H&Mの近くにあるビストロ、道玄坂コックマン

予約なしで行ったのでダメ元で行きましたが運よく入れました。

店内はアンティーク調でパリ感が出ており、いかにも女子ウケしそうな空間作りがなされております。
また店員さんもイケメンばかりでカネダ、終始ドキドキしっぱなし。笑

02

お通しは野菜のスープと生ハム、ちっこいパンとクリームチーズ。スープはおそらく、とうもろこしベースだと思うのですがほのかに酸味があったりと、単純に作られたスープではないことがわかります。

01

ローストビーフのサラダ。
700円だったので小皿にちょびっとくらいの量を想像していたのですが、驚きのボリュームでした。
食べごたえのある肉のあじわいもさることながら、ドレッシングも肉にマッチしてます。

03

白子のフリット。天ぷらと違い、衣がもっさりとついているのですが
そのもっさり感と白子のトロリ具合が絶妙。
ぶどうを使ったソースも主張しすぎず、品のよい風味をプラスしてます。
考えられてますね。
メインだけでなく上にのっかっている玉ねぎなどもさりげなくおいしい。

06

トリッパ。
カネダのおいシグナルは鳴りっぱ。
バケットにつけっぱして食べるとうまっぱ。

05

本日のメインディッシュ、羊肩肉のタジン煮込み。
ぐつぐつとタジン鍋に煮込まれていて、まずヴィジュアルが悪魔的。
ワインが飲みたくなる香りもまた悪魔的。
そして悪魔的なうまさ。
視覚、嗅覚、味覚を支配される悪魔的な逸品、デビルズディッシュとはこのこと。

クスクスと一緒に食べるとさらにうましでした。
コクのあるスープに柔らかく煮こまれた羊肉、最高。

04

シメのリゾットも何一つ文句のつけようがない味。
米の食感、ズーチー、きのこ、生ハム、全部いい感じ。

今回はイタリアの微発泡赤ワインのランブルスコとチリのシャルドネを空けました。
こちらのお店、かなりクオリティの高い料理を出してくれる上に、悪魔的な安さ。
文句なしにカネミシュラン★★★です。

容赦無い口福の連続に満足した渋谷の夜でした。

ここで一句。

コックさん
みんなイケメン
コックマン

小悪魔ちゃんに喜ばれるお店ですね。

自由が丘のしっかりした和食料理やさん、星火(せいか)でワイン片手においしい燻製盛り合わせを食してみました。

こんにちは。
小4になりすまして、SNSで下ネタを投稿しまくろうと考えているカネダです。

そんな下品なカネダではありますが、自由が丘で品のいい料理屋さんを発見。
駅から歩いて10分ほどのところにある星火(せいか)。

店内はカウンターを中心に、テーブルが少し、雰囲気は
大人の和食屋さんといった感じで落ち着きがあります。
そして板前さんとの距離も近いので、とても下ネタが言える空気ではありません。笑
イスの座り心地がよく、これはかなりポイント高しです。

メニューはお造りから串焼き、鍋など豊富にあります。
その中でもとてもおいしかったのは燻製。

seika

うずら、ほたて、チーズ、サーモン。
チョコレートソースのようにかけられている醤油や、器など、
見ための演出もしっかりこだわっています。

またこれがうんめぇ〜!

ドリンクも種類が豊富でワイン派にも日本酒派にもしっかり対応。
私はこれを白ワインに合わせましたが、日本酒にももちろんガッツリフィットします。

〆のメニューも充実しており、全部食べたいと思いました。
特に珍しいのが、こちらの料理屋さん、ラーメンを提供していて
専用の麺を茹でる機械がありました。
作っているところを見ていると、
専門店さながらでとてもおいしそうでした。
次回は間違いなくトライですね。

しっかりした料理屋さんの割りに、価格は
リーズナブルだと思うのでおすすめできますね。

ランチもやっているのでお昼にも訪れたいと思います。