ふなぐち菊水一番しぼり、新米新酒を飲みました。

ふなぐち菊水一番しぼり、新米新酒

ふなぐち菊水一番しぼり、新米新酒を飲みました。

アニメで例えると、ツンデレキャラのような日本酒です。笑
切れ味がありつつもやさしいまろみがあります。

なんかしょぼい缶に入ってますけど、この日本酒、精米歩合が70%あります。
いろんな新米新酒を味わいましたが、これはかなり上位にランクしますね。おすすめです。期間限定なのでもう時期的には終了。

飲みやすい上にこの缶のサイズだとガブガブいっちゃいそうです。
ただ、アルコール度数が高いので飲みすぎに注意しないといけませんね。

タリーズのジンジャーミルクティー。

タリーズのジンジャーミルクティー




タリーズのジンジャーミルクティーを飲みました。ジンジャーの味はあまりしないのですが、飲んだ後に何かの味が残ります。何かはよくわかりませんが。笑
カラダが温まってほっこりとした気分になる、午後の昼下がりにおすすめの1杯。




ステーキけんの特選サーロインステーキを食べました。

ステーキけんの特選サーロインステーキ

ステーキけんの特選サーロインステーキ

言わずとしれたロードサイドのハイエナ社長のお店、ステーキけんへ行ってきました。平日の昼間に行くと案の定、子連れのファミリーしかいませんでした。料理を注文すると自動的にライスとサラダが食べ放題で、プラス200円でアイスの食べ放題にもできるので、子供は大喜びです。私は、ステーキガストとの比較をしたかったので特選サーロインステーキをチョイス。写真は150gです。

トータルで、先日食べたステーキガストのサーロインステーキをはるかに上回りました。
まず、焼き方の選択ができる点。ステーキガストはそのチョイスがありません。2点めはたれ。私はけんだれというみそベースのたれにしたのですが、おいしかったです。3点めがメインの肉の質。柔らかくておいしかった。
とはいっても、微妙な点もありました。レアを注文したけどそれほどレアでもない。そして肉が薄い。もう少し分厚いほうがいいのですが、写真を見るとヒレステーキは分厚そうなので厚いステーキ食いたきゃそれ食えよ、ということなのでかもしれません。

ステーキに関しては、けんに大きく軍配が上がりました。次はハンバーグで比較したいと思います。

タリーズでまっタリーズ。

タリーズコーヒー

人生とは読書であり、読書とは人生だ。

と、ひいおじいちゃんが言ってました。笑

午後の昼下がり、たまにはのんびりとタリーズで本日のコーヒーを飲みながら読書をしてもいいじゃない。

平日だけど。

雪、ガンガン降り積もってるけど。

地元のタリーズはwifiも接続可能だしコンセントもあるのでグッドです。

鉄腕DASHで紹介されていたモンモリロナイト。

モンモリロナイト

鉄腕DASHを観ていたらモンモリロナイトが紹介されていました。私、このモンモリロナイトに関しては以前からちょっと知っていました。
『モンモリロナイト』とは粘土状の成分。モンモリロナイトの成分で洗顔すると、肌の不要な汚れを吸着する効果があるというすぐれた粘土なんです。モンモリロナイトは、鉄腕DASHでも紹介されていた通り、お肌にやさしい、化粧品業界でも今大注目の成分です。

すき家『ねぎキムチ牛丼』を食べました。

すき家『ねぎキムチ牛丼』

すき家『ねぎキムチ牛丼』

金曜日に発売された、すき家『ねぎキムチ牛丼』を食べました。白髪ねぎ牛丼とキムチ牛丼を合体させたようなメニューで、白髪ねぎとキムチで和えたねぎが牛丼の上にのっかっています。見た感じ、真っ赤でとても辛そうなんですけど、食べると辛くなかったです。小学生でも、さらっといけるレベル。激辛好きの私としては少し残念ではありましたが、ねぎのシャキシャキ感がいい感じです。白髪ねぎ牛丼やキムチ牛丼には到底及ばない味なので期間限定ということで収まりがよい気がします。

共喰いを読みました。

はいそうです、あの記者会見を見て読みたくなりました。(メディアに踊らされてる?)

共喰いの感想。

ストーリは、、腰が抜けそうなほど重たいです。
度を超えたサディスティックな男の元に生まれた少年が、自分も、父親と同じ性癖を持っていることに気付き始める。そんな少年の葛藤を描いた作品で、性的な内容がてんこ盛りです。
父親を嫌悪する一方で、自分も父親と似ている、という点は自分と重なる部分がありました。気づいたら自分も親父と同じような言動をしているなー・・みたいな。否定したいんだけど、結局、血は争えないっていう。
舞台が1980年代で昭和の懐かしさを彷彿とさせる描写となっているので、もしかしたら平成生まれの人がこの小説を読んでもあまりイメージ湧かないかもしんないですね。

共喰いってタイトルがもうすでにエグそうなニオイがしたのですが、読んだ後はさらにタイトルのエグみが増すので読後感はよくないです。読んだ後はしばらく誰とも接したくない気分になりました。しかしながら、もう一度読み返すことはないなーと思う反面、人物や情景の描写が素晴らしいのできっとまた読むことになるでしょう。性的な描写より、情景描写にこそ生々しさがあり、物語にグイグイ引き込まれる感じはありました。オススメ!とは言えませんが、いろんな人の感想は聞きたいですね。さあ、共に何を喰うのか。読めば分かるさ。

私、文学知らずではございますが、取るべくして取った作品だと思います。
残る作品、と言えるのではないでしょうか。

関係ないけど、描かれている父親のイメージが小林薫になっていたのはきっと私だけではないはず。笑 あと鰻が作中にちょいちょい出てくるのですが、私、この漢字の読み方を知ってるんですけどなぜか頭の中で『まぐろ・・いやウナギだ』って、その漢字が出てくる度になっちゃうんですよね、なぜか。そしてこの装丁が何を表現しているのかが私には分かりかねますので誰か教えてください。笑

さて、ゆるーいアニメを観て現実に戻ろっと。(おもいっきりバーチャルワールドですけど)

エドシーランのインディーズ時代のアルバムがいいです。

最近何かと話題のエドシーラン。メジャー・デビュー・アルバムが発売されましたが、インディーズ・アルバムも発売されました。これがなかなかいい。住所不定のさすらいシンガーというキャッチコピー(?)で売り出していたエドシーランですが、このインディーズ・アルバムに『Homeless(ホームレス)』という曲が収録されています。

エドシーラン『Homeless』

どことなく哀愁が漂うメロディだけれども、聴いていて楽しい気分になれる曲です。

ローソンウチカフェシリーズ『ワッフル』を食べました。

ローソンウチカフェシリーズ『ワッフル』

ローソンウチカフェシリーズ『ワッフル』

チョコレートソースがドローッとかかっていてその上にアーモンドのスライスがのっかってます。レンジでチンして食べるワッフルとなっています。

私は温めすぎたようで、食べたときに「アチッ」てなりました。笑

チンすると、フタを空けた瞬間に香ばしいにおいがします。
ワッフルのソフトな食感とアーモンドの食感のバランスがなかなかいいのではないでしょうか。
ただオレンジソースが、ちょっと。。私、過去にオレンジソースにまつわるトラウマがありまして、あまり得意ではないんです。可能であればオレソー抜きで一つお願いします。

おめざ感覚で食べるのにちょうどいいスイーツです。

本田選手、ラツィオへ。

スポニチアネックス 本田 ラツィオに移籍が決定!早くも会長と会食

本田選手がCSKAモスクワから離れることになりました。(寒いところでよくがんばりましたよ。)そして移籍先はイタリア・ローマを拠点とするクラブチーム、ラツィオ。シセやクローゼなどが在籍しています。wikiを見ると在籍選手が掲載されており、なんか年配が多いなという印象。。即戦力でしょう、こんなもん。期待できます。長友選手が在籍しているインテル戦はNHKで中継していただきたいです。個人的には、日本人選手はリーガ・エスパニョーラに行ってほしいなと思いますがね。

昨日の試合ではドルトムントの香川選手も得点を上げてます。彼も2012年はさらに活躍してくれるでしょう。代表戦も楽しみです。