学芸大学の焼き鳥屋さん「とり竹」。

Pocket

おまかせ五本でねぎまやハツ、つくねなどいただきました。
上品な焼き鳥というより、ちゃんと部位のよさを生かした串となっております。
塩とタレはお任せでオーダー。たれは主張しすぎない、さっぱりめの味でした。
おいしい。

あと、とりもつ煮込みを注文しましたが、絶品でした。
鶏のだしががっつり出たコクのあるスープがまたすごい。
スープだけでも酒が飲めるおいしさです。
けっこうボリュームがあったのですが、余裕で食べちゃいました。




シメの焼き鳥丼。
炭火で焼いた鶏肉のうまさがダイレクトに伝わり、食べごたえがあってとてもおいしかったです。
ししとうもいい感じ。

値段は安かったです。
お腹いっぱい食べて、けっこう飲んでもかなりリーズナブルなので
気軽に行けるお店ですね。

次回は希少部位のえんがわや限定品のハツモトというのもあって気になったので
それらをトライしたいです。

とり竹 焼き鳥 / 学芸大学駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


おまけのメニュー一覧。

kaneblo




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です