そば割烹さとうへ行くの巻。

Pocket

8月の末頃、月に1度通っているそば割烹さとうへ行きました。そば割烹さとうは西麻布交差点すぐ近くにあるお店で、オーナー兼店長の佐藤さんとはかれこれ7年ほどのつきあいになります。そば打ちを10年修行されている人なので蕎麦がうまいのですが、日本料理も一流。

今回は、初秋の味覚を堪能しにいきました。

そば割烹さとう
ぎんなん、鴨、さんまの押し寿司。先付で大満足してしまいました。。

そば割烹さとう
カブ。中をさりげなくくり抜いて、その中にカニを詰め込むという粋なはからい。

そば割烹さとう
すっぽん鍋。ムダに精力をつけてしまいました。いい出汁が出るのでネギまでも高級な味になってしまいます。

そば割烹さとう
太刀魚。ホクホクで脂がのっていてかなりおいしいです。1コ食べたあとに写真撮ってます。。

そば割烹さとう
穴子。オクラ。レンコン。絶妙なサクサク感がたまりません。シャブリとの相性が1番よかったです。

〆にそばが出るのですが写真を撮るのを忘れてました。というか毎回、そばが出てくる頃には記憶がない状態になってます。笑

今回も大満足のラインナップで、また頑張れそうです。9月末に伺う予定なので次回はどんな料理が出てくるのか今から楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です